脱毛サロンと医療クリニックで使用される脱毛機器の種類

脱毛サロンやクリニックでの脱毛を検討した際、多くの方はどの程度の価格で施術を受けることができるか、期間はどの程度なのかといったこと意識するかと思います。
それらはサロンによって明確に異なっているため、意識するのも当然のことであるといえるでしょう。

しかし、実は脱毛サロンや医療クリニックで使われている脱毛機器というのはすべて同じではありません。

サロンによって違うものを使っているということも珍しくなく、中には独自に開発した脱毛機を使っているというサロンもあるのです。

機器が違う事によって脱毛時間や痛みなどが異なってくるため、どのような種類があるのか知っておくのも良いでしょう。

そもそもサロンやクリニックで脱毛をする方法には様々な方法がありますが、その中でも特に有名なのがレーザー脱毛とフラッシュ脱毛です。

 

医療クリニックはレーザー脱毛機器を使用する

医療クリニックで使用されるレーザー脱毛機器は、正式には医療レーザー脱毛といわれており、レーザーを照射することによって毛の元となる毛乳頭を破壊し、抑毛するという効果があります。

施術が完了するともう毛が生えてこないといういわゆる永久脱毛が可能であり、威力が高いことも手伝って比較的短期間で終わるという魅力があります。

また、毛乳頭を破壊するという行為が医療行為にあたることから医師でなければ扱うことができないため、万が一肌トラブルなどがあった際にもすぐに対応してもらうことができたり、痛みが強いときには麻酔を使ってもらうこともできます。

レーザー脱毛機器の種類

このレーザー脱毛機器にはいくつか種類があります。
参考:湘南美容外科

例えば日本人の肌と相性が良いということで多くのクリニックで採用されているアレキサンドライトレーザー
また、半導体を用いて作られているという特徴から波長の変更ができるというダイオードレーザーがあります。

この他にも最も奥まで届き、多少日焼けをしていても施術可能というYAGレーザーなどもあります。

 

脱毛サロンはフラッシュ脱毛機器を使用

では脱毛サロンで使用される光脱毛ともいわれるフラッシュ脱毛はというと、特殊な光を当てて毛乳頭にダメージを与えるというレーザー脱毛と近い仕組みとなっています。

しかしフラッシュ脱毛の場合、レーザーよりも威力が低いため残念ながら永久脱毛はできないという特徴があります。

しかしその分少ない痛みで施術を受けることができるため、痛いのが苦手という方には安心です。

エステサロンなどで用いられることもあることから充実したアフターケアを用意しているサロンも少なくないため、お肌が綺麗になる場合もあります。

フラッシュ脱毛機器の種類

参考:脱毛ラボ

そんなフラッシュ脱毛機器にも種類があり、主にIPL方式S.S.C.方式を採用しているサロンが多くなっています。

IPL方式というのはIntensive Pulse Light(インテンスパルスライト)の略で、黒い色に反応する光を利用して処理をする方法です。照射範囲が広いため一度の施術を短時間で終えることが可能です。

一方のS.S.C.方式はSmooth Skin Contorol(スムーススキンコントロール)と呼ばれるもので、イタリアのメーカーが開発した海外製の脱毛機です。

光を照射するというのはIPL方式と同様ですが、S.S.C.方式は抑毛成分が含まれた専用ジェルを塗り、そこに光を当てると光が抑毛成分に反応して脱毛することが可能となるという仕組みとなっています。

S.S.C.方式のほうが痛みが少なく、肌へのダメージも軽減されやすいといわれています。

脱毛機器の種類まとめ

このように様々な仕組みを備えた脱毛機が存在していますが、多くのサロンやクリニックは既存の脱毛機をそのまま使用するのではなく独自に開発をしたり、改良を加えて使っていたりします。

脱毛機器の特徴を知れば施術の速さや痛みなどがある程度わかるようになったり、効果がどの程度であるか予想することができるようになるため、気になるサロンを選ぶ際のポイントとするのも良いかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ