毛周期を知って自分に適した脱毛方法や期間を考える

脱毛する際に、どれくらいの期間が必要になるか気になるでしょう。
脱毛サロン、医療クリニック、共に脱毛は毛周期によって影響されます。

ちなみに毛周期とは、成長初期に毛の生え始め、成長期の毛がたくさん伸びてくる期間、退行期の成長が止まり抜け落ちる期間、休止期の新しく毛が生えてくる準備期間、この4つの期間があります。

成長期など毛が元気な状態の場合には、施術も高い効果を得られるということになり、その間、逆に退行期や休止期には効果を得られないという原因にもなるのです。

ですから仮に中途半端に施術をされたとしても、それが身体全体の毛が成長期を迎えていなければ、脱毛は完全には終了させることができないということになるので、そのために施術を受けられない期間が発生して空けなければいけなくなるんです。

それはつまり毛周期に合わせなければいけないということ、サイクルが次の段階になるまで待たなければいけないのです。

 

毛周期は個人差がある


また、この毛周期というのは人それぞれで異なるというのも特徴としてあり、また脱毛部位によっても異なります。

女性ならワキ脱毛で毛周期は3ヶ月から10ヶ月ほど、さらに言えばワキの毛穴は休止期状態が7割もあるということもあり、ワキ脱毛をしたのにまたすぐ生えてくるというのはこうしたことからなんです。

つまりワキ脱毛を完成させるには数ヶ月必要になるということになります。

ですので、まず脱毛部位によって施術を受けられるか、受けられないかということを覚えつつ人によって違いもあれば部位によっても異なることを覚えておきましょう。

 

脱毛サロンと医療クリニックの脱毛期間


そして脱毛サロンと医療クリニックの施術は基本的に同じシステムになっています。
ただその違いというのはクリニックのレーザー脱毛は医療機関でしか使用することができません。

理由は強い出力を照射させるため医師としての資格が必要になるのです。
ですがそのためエステによるフラッシュ脱毛とは異なり高い脱毛効果を得ることが可能になっており、早期に脱毛を望んでる方にはおススメの方法でもあります。

ただし出力の高い脱毛法でもありますので、施術には2、3ヶ月の感覚を設けながら受けた方が好ましいでしょう。

エステサロンによる脱毛はフラッシュ脱毛と呼ばれてますが、こちらはクリニックよりも店舗数がかなり見られます。ですので今ではどの地方でも比較的、体験しやすくなっています。

フラッシュ脱毛は医療とは異なり、医師の資格がなくても施術を行うことができます。理由は出力が低いためにありますが、ただ低いと言うことは脱毛効果もそれと共に下がってしまうということになります。

ですのでレーザー脱毛による施術期間が早くて1年に比べ、脱毛サロンは2年以上必要になってきます。ただお肌への影響はかなり軽減されるということもありますから、比較的お肌が弱い方にはおススメの脱毛法ではないでしょうか。

このふたつの脱毛法は単純に明日行けばツルツルになれるということではないということが理解できたかと思います。

 

【毛周期まとめ】自分に最適な脱毛方法

脱毛部位により毛周期が異なることを紹介しましたが、もし脱毛施術を短い期間に設定して早期に終わらせようと考えたとしても、それはその場はツルツルになっても、すぐにまたムダ毛が生えてくることになり無駄使いに終わってしまいます。

より確実に綺麗に脱毛をしたいとお考えの場合には焦りは禁物ということになります。

また施術法にも自身に合ってるのか分からないということもありますので、まずは数回試してみてみてください。

そして効果が感じられなければすぐに乗換えという方法もありますので、自分にとって一番最適かつ効果的な脱毛方法を探してみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ