主な脱毛方法の3種類

脱毛サロンやクリニックでの脱毛法は、大きく三つに分けることができます。
それは、フラッシュ脱毛レーザー脱毛ニードル脱毛の3種類です。

最近では、脱毛サロンで施術されるフラッシュ脱毛(光脱毛)、医療クリニックで施術されるレーザー脱毛が主流となっています。
関連する記事:フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の痛みや効果の違い

それぞれで脱毛に対する効果や痛みなどが変わってくるため、ニードル脱毛も含めて一つ一つについて詳しく解説します。

チェック フラッシュ脱毛

まず最初は、フラッシュ脱毛です。
フラッシュ脱毛は、この三つの中では痛みが一番少ないと言えます。

そして、脱毛する部位に光を当てて施術を行っていき、出力についてはレーザー脱毛よりも低いということが言えるため、脱毛の効果についてもこの三つの中では一番低いということになります。

しかし、何度も回数を重ねるごとに脱毛の効果は確実に出てくるので、結果としてはレーザー脱毛と同じようになります。

ただ、一回一回の脱毛の効果が低いということから少し長い期間脱毛に通うことになりますが、他の二つの脱毛法に伴う痛みや料金に比べると、どちらも楽なのではないかと言えます。

チェック レーザー脱毛

そして次にレーザー脱毛についてですが、レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比べると出力が高いということもあり、施術時の痛みもその分強いということになります。

特に脇やVIOラインなどのように腕や足に生えているような毛よりも少し濃い毛が生えている部位に関しては、一瞬ですがかなりの痛みを伴うことになります。

しかし、それだけの痛みを伴う分脱毛の効果については高いということが言えるため、脱毛に通う期間もその分短くて済みます。

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比べると料金も高く痛みも強くなりますが、脱毛が完了するまでの期間はフラッシュ脱毛の約半分だと言えるので、脱毛を早く終わらせたいと思っている人や、痛みに強い人についてはこちらの方がおすすめだと言えます。

チェック ニードル脱毛

そして最後にニードル脱毛ですが、これはフラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは全く違った脱毛法になり、唯一の永久脱毛ということになります。

ですから効果に関しては、施術を行ったところからは二度と毛が生えてくることはありません。しかし、一つ一つの毛穴に針をさして施術を行っていくので、他の二つの脱毛法とは比べものにならない位の激痛を伴うことになります。

これは、永久脱毛だからということでどうにか我慢しようと思っても、途中で挫折してしまう人もいる位の強烈な痛みです。ですから、ニードル脱毛については、痛みに弱い人については絶対におすすめできない脱毛法だと言えます。

このように、これら三つの脱毛法の効果と痛みについては各々でかなり違ってくるので、自分に合った方法で脱毛に臨むことが大切だと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ